特殊清掃の需要が高まる背景

年々増加傾向にある孤立死、自殺、ゴミ屋敷の問題、原状回復を行う特殊清掃に需要が高まっている

特殊清掃の需要が高まる背景

特殊清掃は、殺害現場、自殺、孤立死、ごみ屋敷といった悲惨な痕跡が残ってしまった住居を、清掃するという仕事です。

遺体が放置されてしまった部屋や、ごみ屋敷などを回復させるのは、専門的な技術が必要なことから事件現場特殊清掃師という資格が必要になります。(通信教育でも取得できるようです)

関西地方や東京、神奈川、埼玉で対応している特殊清掃会社専門のネクストのサイト(http://www.clean-next.jp/)ではどのように清掃が行われていくのかなど詳しく書かれていて、この特殊清掃という作業がどれだけ大変なものであるかが想像できます。

こうした清掃はやはり専門業者でないと、と感じます。

厚生省の調査によると、単身高齢者世帯は、1980年には88万世帯だったのが、2005年には387万世帯まで増加しています。

このままのペースで行くと、2025年には、637万世帯まで増加することが予測されています。

また、高齢者夫婦のみの世帯も、2005年からの10年間で、465万世帯から599万世帯へと増加する予測です。

孤立死は全国で年間6万人以上、自殺者は約3万人とも言われます。

ゴミ屋敷は500軒に2、3軒は存在するとも言われ、特殊清掃のニーズは年々高くなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
特殊清掃NET Copyright (C) www.biozemedelstvi.biz. All Rights Reserved.