キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 特殊清掃でかかるコストが増えるケース : 特殊清掃NET

特殊清掃でかかるコストが増えるケース

トイレ、ふろ場、布団やベッドの周り、発見が遅れるとそれだけ腐敗も進み、特殊清掃の難易度も上がる

特殊清掃でかかるコストが増えるケース

日本では、一般的に死は病院で迎えるもので、家庭で迎える場合でも、同居の家族などに見守られながら亡くなるのが普通という固定観念のようなものがあります。

その中で孤独死や自殺といったことが起こると、例外的に受け止められるものです。

警察に遺体が引き取られ、医師が死亡の診断を行い、場合によっては検死が行われます。

特殊清掃においては、消毒、消臭、害虫駆除などだけでなく、家全体に及ぼす影響から、クロスを張り替えたり、畳やフローリングを張り替えたり、トイレやふろ場のリノベーションなど、別途コストがかかる場合も少なくありません。

人が亡くなる際には、多くはトイレやふろ場、もしくはベッドや布団の周りということが多く、発見が遅れると、それだけ腐敗は進みます。

特殊清掃の難易度も、部屋の汚染度に比例して上がりますし、コストも同様になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
特殊清掃NET Copyright (C) www.biozemedelstvi.biz. All Rights Reserved.